国からの会社設立支援はある? - 知らないと損?会社設立に頼れる助成金情報

知らないと損?会社設立に頼れる助成金情報 > 国からの会社設立支援はある?

国からの会社設立支援はある?

image

・会社設立の支援を受けたい
会社設立するときには費用も手間もかかります。
特に創業する分野によっては多額のお金がかかることもありますから、できれば国からの支援などあれば利用したい方も多いでしょう。
そのような支援はあるのかというと、一部にそのようなものがあります。
補助金や助成金といったものが結果的に国などからの会社設立支援となることがありますから、そのような支援を希望する方は利用を考えてみるといいかもしれません。

・補助金とは
補助金とは何かというと、特定の条件を満たすともらえる支援金で返済などは不要です。
そういう意味で融資などとは決定的に違うお金となりますね。
補助金を選ぶと金額が大きくなることも多く、会社設立にあたって必要になる費用を大きく支援してもらえる場合もあります。
補助金の種類によって対象者やその制度の目的などは変わりますから、会社設立の支援を受けたいときは創業支援といった補助金を選ぶといいです。

利用するためにはその補助金の募集がされている時期に応募し、なおかつ多数の応募者の中から選ばれないといけません。
補助金は申込みすれば誰でももらえるお金ではなく、申込みした方の中で審査が行われ、その結果で決まることが多いのです。
条件を満たしていても必ずもらえるとは限りません。
応募者が多数いる場合は審査に通った方たちで抽選となることもあり、必ずもらえるとは限らないお金になっているのです。
利用するための条件が厳しいだけに支援してもらえる金額は大きく、会社設立するときには利用したい制度になりますね。

・助成金とは
もう1つの助成金とは何かというと、補助金と同じく返済不要のお金です。
融資などと違って気兼ねなく使えるお金となりますから、会社設立支援を国などから受けたいときには利用を考えてみるといいです。
補助金との違いですが、こちらは支給条件をクリアしていれば基本的に支給されるお金です。
そのため申込みをしたものの受けられないといったことは基本的にないお金です。

その点は非常にありがたいお金となりますが、その代わりに補助金よりも金額は小さくなりがちです。
そのため会社設立にかかった費用を大幅に支援してもらえるといったことはあまり期待できません。
また、補助金のように創業そのものにかかったお金を支援してもらえる種類が少なく、創業して雇った従業員の人件費の一部を補助してもらえるといった間接的支援となりがちです。
このようにそれぞれで特徴がありますが、条件に合うものがあれば国などから会社設立の支援を受けられます。