会社設立することによるメリットとデメリット! - 知らないと損?会社設立に頼れる助成金情報

知らないと損?会社設立に頼れる助成金情報 > 会社設立することによるメリットとデメリット!

会社設立することによるメリットとデメリット!

image

自分で会社設立することは多くのメリットを受けることができるのですが、同時にデメリットを抱えてしまう可能性もあります。
会社を設立する前にメリット・デメリットについてよく考え、比較したうえで最終的に会社の設立を考えたほうがいいでしょう。
そこで、会社設立することで得られるメリットと、デメリットについて見ていきたいと思います。


・会社設立することで得られるメリットとは?
会社設立することのメリットとしては、商号や住所、資本金や役員等の登記が行われるため、他の企業や銀行などから信用を得られることでビジネスとして成り立つようになります。
肩書として株式会社とついているだけで信用面を確保することができ、銀行の融資も受けやすくなると考えられます。
また、個人事業主では所得に対しての税率となるため支払う税金額が負担となってしまうのですが、会社を設立した場合は法人税となるため利益が増えたとしても、一定の税率でとどめることができ節税にも繋がります。
さらには、資金調達が楽になったり、優秀な人材が集まりやすくなる、決算日を自由に設定できるなどのメリットがあります。


・会社設立することによるデメリット!
会社設立することによるデメリットについては、会社の設立にかかる時間や会社運営などにコストがかかるということです。
会社の設立には定款や登記の申請などが必要で、最低でも20万円程度のコストがかかってしまいます。
会社を設立したとしてもすぐに業績をあげることが難しいため、コストがかかりすぎてしまうことはデメリットであると考えられます。
また、社会保険への加入が義務づけられてしまったり、雇用が増えることにより社会保険や労災などの事務的な負担がデメリットになってしまうこともあります。


会社設立することのメリット・デメリットを見てみると、デメリットに関しては解決策がいくつもあるので問題はないでしょう。
会社設立にかかる時間やコストをかけたことで大切だと思うようになり、運営の仕方や節税などについてもより考えるようになります。
また、雇用が増えたことによる社会保険や労災などの事務的な負担に関しては、他の人材に仕事を任せることも出来るので特にあまり問題はないと思います。
会社設立することはデメリットよりもメリットの方が大きいと考えられ、自分で会社を設立すれば自分が思い描く理想の事業や会社を手に入れることができるのではないかと考えられます。