渋谷区での会社設立の助成金 - 知らないと損?会社設立に頼れる助成金情報

知らないと損?会社設立に頼れる助成金情報 > 渋谷区での会社設立の助成金

渋谷区での会社設立の助成金

image

東京で会社設立するとき、渋谷区を選ぶ方もおられるでしょう。
こちらは特に人やお店が多い地区ですから、ビジネスを行う場所としても最適なエリアの一つです。
ただ、中心的なエリアとなるだけに物価の相場も高くなりがちで、お金は苦しくなることも多いですよね。
資金面での負担を軽くするため、助成金を使いたい方もおられるでしょう。

渋谷区で会社設立するとき、どんな助成金を使えるでしょうか?
こちらで創業するときに使いやすいのが、特定の対象者を雇用することで得られる助成金です。
渋谷区は人口も多く、このエリアで職を探している方も多いですから、助成金の支給条件になっている特定の求職者が見つかる確率も高くなります。
特定の求職者を雇うことで、人件費の補助を受けてはいかがでしょうか?

渋谷区でどんな求職者を雇うと、助成金を受けられるのでしょうか?
たとえば、仕事を探しているものの、なかなかいい仕事につけずに苦労している方です。
学生や自営業者、安定した本業がある方以外で、未経験の仕事に就こうとしている方や、学生を卒業した直後で仕事に就けていない方、直近2年で2回以上離職や転職などを繰り返している方などが対象になります。

具体的な条件はほかにもあるのですが、つまりは安定した仕事につけていない方を雇用すると、助成金の対象となります。
これはトライアル雇用助成金といい、その名前の通り、安定した就職ができずにいる方をトライアルとして雇用したとき、助成金を受けられるのです。

会社設立直後、すぐに人を雇う場合など、このトライアル雇用助成金を使うと、人件費の負担が少し軽くなります。
渋谷区なら仕事を探している方も特に多く、安定した仕事に就けずに困っている方も多いですから、このトライアル雇用助成金の対象になる求職者も見つけやすいでしょう。

これを利用したいときは、会社設立した企業が直接その方を雇うのではなく、ハローワーク等の紹介を通して雇用する必要があります。
これらを通さずに直接雇用すると、助成金の対象にならなくなりますから、注意してください。

また、一回でも雇えばいいのではなく、3か月の継続雇用が必要です。
さらにそのトライアル雇用者の1週間の労働時間にも基準があり、それを下回らないことが必要です。
これら条件を満たすと、トライアル雇用助成金を受けられます。
渋谷区で会社設立した直後の、人件費の負担を軽くできる助成金となるでしょう。
このほかにも雇用関係で使える助成金はあります。
渋谷区で使える助成金として、チェックしてみるといいでしょう。