事業別に使える助成金 - 知らないと損?会社設立に頼れる助成金情報

事業別に使える助成金

事業別に使える助成金について調べていると会社設立を助けてくれるもの、人材育成を助けてくれるものの2つに分類されることが分かりますが、それぞれどのような特徴があるのでしょうか?
ここでは事業別に使える助成金の特徴についてお話していきますので参考にしてください。

はじめに助成金とひと言で言っても厚生労働省から支給されているものもあれば、地域の自治体が支給しているもの、そして企業や財団が個別で支給しているものがあります。
この中でもっとも利用されているのは厚生労働省から支給されているものですが、これはどちらかと言えば人材育成に特化したものであり、すべての事業を対象としているものの事業別というわけではありません。

それでは事業別にピンポイントで支給しているのはどれかと言うと残りの2つで、まず地域の自治体から支給されている助成金はたとえばベンチャー企業を対象としたものがありますし、企業や財団が個別で支給しているものはもともとその組織が得意としているところに使われるので事業別という言い方ができると思います。

ただ現実的に考えた場合企業や財団が個別で支給する助成金はすべての事業者を対象としているわけではなく、あくまでも企業・財団の傘下を対象としているのでそこに所属していなければ支給されません。
したがってまず参考にしてほしいのは地域の自治体から支給される助成金で、これは地域によってばらつきがありますから、あらかじめ調べておく必要があります。
自治体に直接問い合わせればどのような助成金制度があるのか教えてくれますし、使い方についてのアドバイスも受けられるでしょう。

こういったお金は地域の発展にも役立ちますし、そこで企業が育てば人も集まって来て街全体がにぎやかになりますから地域・企業どちらにとってもメリットがあります。
これから会社設立を考えるならこのような助成金制度についても調べておくべきですし、違いも把握しておかなければなりません。