雇用のための助成金 - 知らないと損?会社設立に頼れる助成金情報

雇用のための助成金

会社を経営する人なら誰もが頭に入れておかなければならないのが「雇用のための助成金」についてで、これは長引く不況の影響や貧困に苦しむ層を救う手段のひとつにもなり得ると言われています。
それではここから雇用のための助成金について説明していきたいと思います。

まずはじめに(特定就職困難者雇用開発助成金)と呼ばれる助成金があり、これは高年齢者や障害者、母子家庭の母などの就職に何らかの障害がある人を受け入れることを目的にしています。
同じような種類の助成金には65歳以上の高齢者を受け入れるための(高年齢者雇用開発特別奨励金) や自治体・ハローワークから就労支援の要請があった生活保護受給者を受け入れるための(生活保護受給者等雇用開発コース)というものもあります。

ほかにも障がい者を試行的・段階的に雇用するための(障害者トライアル雇用奨励金) 、初めて障がい者を受け入れるときに使える( 障害者初回雇用奨励金(ファースト・ステップ奨励金) )というものもあります。
さらに施設を障がい者が働きやすいように整備して10人以上雇い入れるための( 中小企業障害者多数雇用施設設置等助成金 )、職場支援員を配置して障がい者を雇う(障害者雇用安定奨励金(障害者職場定着支援奨励金))、発達障害者や難治性疾患患者といった障害を持つ人を受け入れるための(発達障害者・難治性疾患患者雇用開発助成金 )というものがあります。

そして雇用情勢そのものが苦しい状況の地域で、新たに事業所を立てるための(地域雇用開発助成金(地域雇用開発奨励金) )、安定した人材を確保するために試験的な採用を試みるための(トライアル雇用奨励金)などがあります。

このように雇用のための助成金は実にバリエーション豊かで、いろいろなところで使うことができますから雇用はこれまで以上にやりやすくなっていますし、何より働く意欲のある人を受け入れることで会社自体が活気づくと思います。