地域別の助成金 - 知らないと損?会社設立に頼れる助成金情報

地域別の助成金

会社設立を考えるにあたり、いろいろなことを調べている経営者の方も多いと思いますが、中でも助成金はうまく活用すべきだと考えている人が増えているようです。
助成金は厚生労働省から出されているものもあれば、各地域の自治体から出されているもの、さらに企業や財団が出しているものとあります。
もっとも多く利用されているのは厚生労働省から出されているものですが、これは基本的にキャリアアップを目的としたものになりますから、それ以外の部分で助成を受けたい場合には別の方法を模索しなければなりません。

そこで現実的なのが地域別の助成金で、これは現在地域によって差が激しいと言われていますからあらかじめ十分な調査が必要になります。
具体的に言うと、地域別の助成金は積極的に出しているところもあればそうではないところがあり、積極的に出しているところでは会社設立のための助成金であったりキャリアアップ助成金と同じようなものを出しているところもあります。
条件は基本的に支給している地域で会社設立することとしている点で、これは地域の活性化を目的としていると言えます。

大阪市や横浜市といった大きな街では積極的に支給している反面、人口の少ない地方都市のほうが消極的なイメージがあります。
本来地域の活性化を目論むのではあれば人口の少ない地域でこそやるべきだと思うので、今後そういった動きが起こることを期待したいと思います。

とは言え地方都市でもまったくやっていないかと言えばそうではなく、香川県では会社を設立予定の人と現在の会社を分社化して新事業を興すために会社を設立する人を対象にした助成金の支給を行っています。
このようにやっているところでは積極的にやっていますが、そうではないところとの温度差が激しいのが問題点と言えます。
ただこの点は地域ごとの予算の問題もありますし、すぐに改善させるのは難しい面もあるので今は今後の動きに期待する程度にとどまります。