ローマ字の社名で会社設立したい - 知らないと損?会社設立に頼れる助成金情報

知らないと損?会社設立に頼れる助成金情報 > ローマ字の社名で会社設立したい

ローマ字の社名で会社設立したい

image

会社設立するとき、社名を自分で決める必要があります。
社名にはその会社の願いや理念が込められるものですから、これは創業者にとっても思い入れのある作業になることも多いです。
だからこそ妥協できず、自分が思う理想の社名をつけたい方も多いでしょう。
そのようなとき、社名をローマ字にしたいこともありますよね。

これは問題ないのかというと、まったく問題ありません。
会社設立時に決める社名ですが、使える文字に指定はあるものの、ローマ字は使用OKの文字です。
そのため、ローマ字だけの社名にしても問題はありません。

ただし、知っておきたいのは社名のすべてをローマ字表記にはできないことです。
会社設立のときに決める社名には、必ず株式会社や合同会社といった表記をセットでつける必要があります。
どちらにするかは、もちろんこれから作る会社の種類と一致するものを選んでください。
株式会社を作るなら株式会社、合同会社を選んだなら合同会社です。

これをオリジナルで作った社名の前か後につけるのです。
どちらにつけてもOKですが、前か後のどちらかにはつける必要があります。
そしてこれら「株式会社」や「合同会社」といった表記は、この日本語表記のみ可となっているのです。

実際には株式会社や合同会社も、ローマ字で表記する方法もありますが、そちらは社名として登記するときには使えません。
株式会社や合同会社を意味する表記は、必ずこの日本語表記のみとなります。
そのため、オリジナルの社名部分をすべてローマ字で作ったとしても、その前か後には株式会社や合同会社といった表記がつくため、社名のすべてをローマ字表記にすることはできないのです。

このことだけは注意が必要ですが、オリジナルで決められる部分だけでもローマ字にできればいいなら、まったく問題はありません。
その部分をローマ字の社名に決め、その前か後に株式会社や合同会社といった表記をつければOKです。

できれば株式会社や合同会社といった表記まで含め、社名のすべてをローマ字表記にしたいときは、何かいい方法はあるでしょうか?
登記についてはすべてをローマ字表記にするのはNGとなっているため、これはもう変更不可となります。
ただし、登記のとき以外なら、すべてをローマ字表記にした社名を慣習的に使っても問題ありません。

そのようなとき、すべてをローマ字にした社名の正式な表記は、定款の中で定められます。
できるだけ社名をすべてローマ字にしたい方は、このような方法を取っていることがほとんどです。
会社設立で社名をローマ字にしたい方は、このようなことに注意してください。