会社設立を代行で頼む - 知らないと損?会社設立に頼れる助成金情報

会社設立を代行で頼む

image

初めて会社設立する人にとってどのような手続きが必要になるのか分からないという人も多いと思いますが、そういった場合に便利なのが司法書士という存在です。
司法書士は会社設立手続きのほぼすべてに精通していますし、代理人業務も可能なのであらゆる場面で役立ってくれますし、ときには的確なアドバイスもくれます。

そこでここでは会社設立手続きを司法書士と進めて行く場合の流れを紹介していきますので、これから会社設立したいという人はチェックしてみてください。
はじめに会社設立手続きの最初の段階で基本事項となる発起人の決定や資本金の設定、会社名、会社の所在地、事業内容などを決めますが、これらはすべて定款という書類にまとめることになりますので、決まったら司法書士にすべての情報を提出してください。

定款は会社のルールブックとなる大変重要な書類で、手続きは紙で行う場合と電子定款がありますが、紙の定款の場合は印紙代40,000円かかるのに対して電子定款は無料なので司法書士に依頼する場合はほぼ間違いなく電子定款になります。
電子定款は専用のソフトを導入しなければならなかったり、それを扱う知識も必要になるので、ここだけを専門家に任せるという人はけっこう多いみたいです。

定款の作成が完了したら資本金の払い込みを行い、次は登記申請に向けて動き出しますが、司法書士は登記書類の作成はもちろん申請代行も可能なので、司法書士の指示にしたがって必要なものを揃え、あとは代行してもらうということも可能です。
したがって、自身は会社スタートに向けて動き出しながら手続きを進めてもらうこともできますから、効率的です。

ここまでにかかる費用ですが、株式会社の場合定款の費用は紙の場合印紙代40,000円(電子定款の場合は不要)、認証手数料50,000円、登録免許税150,000円とトータルでだいたい200,000円~240,000円程度は最低でも必要になります。
このほかにも各種手数料が必要になりますので、司法書士への報酬の相場はだいたい200,000円~300,000円程度になります。

ただこれはすべての手続きをやってもらった場合なので、たとえば電子定款のみやってもらうこともできますし、書類作成のみというのも可能です。
そうするともう少し費用を抑えられますから、自分でやれる部分は自分でやって司法書士に任せる部分はやってもらってと分けてやるのもいいかもしれません。