会社設立のデメリットとは - 知らないと損?会社設立に頼れる助成金情報

知らないと損?会社設立に頼れる助成金情報 > 会社設立のデメリットとは

会社設立のデメリットとは

image

会社設立すると法人の肩書が付き、社会的な信用もグッと高まります。
ビジネスをするにあたり、メリットは大きいですが、これにデメリットはあるでしょうか?

これは個人事業ほど簡単に始めたり、やめたりできないことです。
設立するには専用の手続きを踏み、費用まで負担しないといけません。
その上、やはりだめだったからと、個人事業ほど簡単には廃業もできないのです。
この点は会社設立のデメリットになりますね。

まず会社設立するときですが、このときは定款という会社の規則書を自分で作り、それを公証役場で承認してもらったり、法務局で登記してもらったりします。
普段はあまり行くことのない特殊な役場へ行き、そこで手続きをする必要がありますし、費用もかかります。
たとえば株式会社の場合、安くても約20万円、うまく費用を節約できないと約24万円が手数料等として必要です。

このような手間や費用をかけ、ようやく会社として運営を始められますが、この起業がうまくいく保証はどこにもありません。
やってみたところ、うまく売上が上がらなくて資金繰りが苦しくなったり、納税費用をうまく捻出できなかったりと、うまくいかないこともよくあります。

事業がうまくいかないとき、個人事業なら気軽に一度廃業し、どこかへ就職するという方法も取れます。
特に仕事がないときなど、廃業することで誰かに迷惑をかけることもありませんよね。
そして廃業にかかる手続きは開業するときと同じく、書類を1枚提出するだけです。

このような気軽さは、会社設立するとそれほどありません。
受注している仕事や付き合いのある取引先などがまったくなくても、会社を廃業するときは、開業したときと同じく専用の手続きを取る必要があります。
このときは解散と清算という2つの登記がまた必要になり、費用もかかります。
このときに必要な手数料は、約4万円です。
この手続きを専門家に代行してもらうと、それとはまた別に手数料も必要となります。

このように始めるためにも手間や費用がかかり、一度始めるとやめるのにもまた手間と費用がかかるのが、会社設立のデメリットとなりますね。
個人事業なら気軽にやってみるのもおすすめですが、会社設立の場合、あとでこれらデメリットで苦労しないよう、本当に起業した方がいいかよく事前に考え、計画的に起業するのがおすすめです。

ただ、一度設立した会社がうまく軌道に乗れば、起業したことによるデメリットを感じることはそれほどありません。
うまく事業を経営するには費用も必要ですが、これは会社設立後、利用できる助成金をうまく活用することでも対応できる問題です。
会社設立前にはそのデメリットも確認しておき、助成金などもうまく活用しつつ、事業運営するといいでしょう。