会社設立のメリットってなに? - 知らないと損?会社設立に頼れる助成金情報

知らないと損?会社設立に頼れる助成金情報 > 会社設立のメリットってなに?

会社設立のメリットってなに?

image

会社設立するときには助成金も使えるわけですが、このような制度を使ってまで会社を作るメリットとはなにか、まだはっきりとは理解していない人もおられるでしょう。
会社を作る大きなメリットは、社会的信用を得やすいことです。
会社は自分一人でも作れますし、運営もやっていけます。

そのような一人会社は、実態としては個人事業主に近いわけですが、社会的な信用度では大きな違いがあります。
一般的な傾向として、個人事業主と法人とでは法人の方が信用されやすいのです。
たとえばお金を借りるとき、個人事業主よりは法人の方が審査に通りやすいですし、借りれる金額も高くなりやすいのです。

自分のビジネスの宣伝をしたときも、個人事業主としてやっているビジネスよりは、どこかの会社がやっているビジネスの方が安心すると思いませんか?
このほか、求人を出したときにも違いが出ることが多いです。
個人事業主が自分の名前で出した求人よりは、どこかの株式会社が出した求人の方が人気が出やすいのです。

これら違いは、社会的な信用の違いになります。
個人事業主だと信用されないわけではないのですが、より多くの人からすぐに信用されやすいのは会社の方です。
そのため会社を作ると、お金を借りるのもビジネスを広めるのも、人材を集めるのも簡単になります。
これが会社を作る大きなメリットになるでしょう。

なお、このメリットは会社の実態に関わらず、会社を作った時点である程度は得られるメリットになります。
先にもご紹介したように、従業員が社長となる自分一人の会社も問題なく作れるわけですが、それだと実態としては個人事業に近いものとなるでしょう。
しかし会社としての肩書があれば、お金を借りやすくなったり、宣伝が成功しやすくなったりします。
社会的信用を高めたいと思ったら、自分一人でやっているビジネスでも会社を作るのはおすすめです。

このほか、節税面でのメリットもあります。
まったく同じビジネスをやっていても、経費として計上できる項目が多くなるのは会社の方です。
個人事業は経費として認められる項目が会社よりも少ないため、会社ほど節税ができません。

たとえば福利厚生など会社では認められる経費の項目ですが、個人事業では認められません。
より多くの経費を計上できるのは会社となりますから、売上が伸びて税金が割高になってきたら会社設立を考えるといいでしょう。
会社設立にはこのようなメリットがあります。
法人化した方が有利だと思ったら、助成金なども利用しつつ会社を作ってみるとよいでしょう。