助成金と補助金の違い - 知らないと損?会社設立に頼れる助成金情報

助成金と補助金の違い

これから事業をははじめたい、そんな人が今日本でも増えていますが、必ず知っておかなければならないことのひとつに「助成金と補助金の違い」があげられます。

事業は当然ながら自分の力だけで成り立たせることはできず、一緒に働く社員や商品を買ってくれる顧客などのおかげで成り立つものです。
したがって企業自体が魅力的でなければいけませんし、そうでない企業はどんどん淘汰されてしまうのが現状と言っていいでしょう。

魅力的な企業と聞くとお金をかけなければいけないというイメージを持たれるかもしれませんが、決してそうではありません。
もちろんお金をかけることによって魅力的な企業になるのは間違いありませんが、お金のかけ方を間違えてしまうと魅力的な企業にはならないでしょう。
いくら高いブランド物の商品を買ってもその人自身が磨かれていなければ輝いて見えないのと同じで企業も中から磨かれていないと魅力は出ません。

そこで役立つのが助成金と補助金で、このふたつに共通しているのは融資ではないという点で、原則返済不要です。
したがって借り入れするときと異なり返す必要がない分安心して使えますし、役立てられるところへ使っていくべきだと思います。

それでは違いとなる点はどこかと言うと、これは「受給の難易度」で、助成金と比べると補助金のほうが受給の難易度は高いです。
助成金はキャリアアップのための職業訓練などどちらかと言えば細かいものに使われるのに対し、補助金は創業や設備投資、開発といった大きなところに使われることが多いのも関係しているでしょう。
また申請期間も助成金は長期間になることも多いのに対して補助金は1か月程度の短期間であることがほとんどです。

このように同じ国から支給されるお金であっても使い方にも特徴にも違いがありますので、申請するときにはその違いをよく把握しておきましょう。
詳しいことを知りたい場合、専門家に問い合わせるのもいいかもしれません。