司法書士と進める会社設立 - 知らないと損?会社設立に頼れる助成金情報

知らないと損?会社設立に頼れる助成金情報 > 司法書士と進める会社設立

司法書士と進める会社設立

image

初めて会社設立する人にとってはじめは分からないことも多いでしょうし、自分だけで進めて行くのは不安だと感じている人も少なくないと思います。
会社設立は個人事業の開業のように開業届を提出すればすぐにはじめられるものではありませんし、段階的に手続きをこなしていかなければならないのでより専門的な知識が求められるのは間違いありません。

そんなときに力になってくれるのが司法書士で、司法書士は会社設立にあたっての一連の流れすべてにおいて力になってくれますし、トータル的なサポートを受けたいならこれ以上の専門家はいないと言っていいでしょう。
司法書士は手続きのスペシャリストと言われており、会社設立手続きに必要な電子定款の作成はもちろん、認証手続き、さらには登記書類の作成と登記申請の代行もできます。

そのほかにも必要な書類の作成や手続きの代行も可能ですから初めて会社設立するならまず司法書士の話を聞いてみてください。
中でも定款の作成は今電子定款が主流になっており、電子定款にすることによって印紙代40,000円がかからないメリットがありますが、電子定款にするためには専用のソフトを導入してそれを使いこなすだけのスキルも身に付けなければなりません。

そのコストと時間を考えると自分だけでやるなら紙の定款が現実的ですが、印紙代40,000円の範囲内で司法書士なら電子定款の作成やその他の書類作成ができるところも多いのでその点もメリットと言えるでしょう。
さらに登記手続きは申請が通れば法人として認められる重要な工程ですから、準備をしっかりやっておかなければなりません。

登記手続きに必要なものは多く、ひとつひとつ確実に準備していくのは少し時間がかかってしまいます。
加えて法務局は平日の午前8時15分から午後17時15分までとなっていますから、ほかに業務をこなしながら行くのは難しい場合もあります。

このように司法書士は会社設立するにあたって欠かせない存在だと言えますし、最初の段階で依頼しておくとスムーズに進められます。
ただ司法書士なら誰でも良いというわけではなく、会社設立を専門に担当していること、そして人と人とのかかわりになりますから、話してみてフィーリングが合うかどうかも重要なポイントです。

まずは司法書士の在籍している事務所をいくつかピックアップしてみて、ホームページがあればチェックして良さそうなところに相談してみるといいでしょう。