会社設立の流れ - 知らないと損?会社設立に頼れる助成金情報

会社設立の流れ

image

今、若い世代の中にも積極的に会社設立したいと意気込んでいる人が増えいてるそうで、日本のビジネスシーンはより活性化されることが予想されていますが、会社設立するにあたってまず基本となる設立までの流れをきちんと把握しておかなければなりません。
そこで今回は会社設立の流れをポイントとともにお伝えしていきますから、これから会社設立を考えている人は頭に入れておいてください。

まず最初にやらなければならないのが会社名・会社の所在地・事業内容といった基本事項を決めることで、この3つは会社の基盤になるものですからしっかりと時間をかけて決めていいでしょう。
会社名を決めるときに注意しなければならないのが同一エリアに同じ会社名あるいは類似の会社名の会社を作ることができないという点で、そうならないためにはあらかじめ調査をしておく必要があります。

この調査を商号調査と言って、インターネットの検索エンジンを使ったものから法務局への問い合わせまで幅広くあります。
また会社の所在地を決めるときには職場環境とアクセスのバランスを意識しなければ求人を出しても集まらなかったり、入って来てもすぐに辞めてしまう原因になります。

そして基本事項が決まったら機関設計を決め、資本金の設定を行いそれらを定款と呼ばれる書類にまとめます。
定款は会社のルールブックとも言える非常に重要な書類で、ここに記載されていることが会社の方針となります。

定款を作成するときには紙で作成するやり方と電子定款で作成するやり方がありますが、紙で作成する場合は印紙代40,000円がかかってしまうのに対して電子定款は無料ですし専用のソフトを使って作成するので便利です。
ただし専用ソフトの導入や専門的な知識が必要になりますから、専門家へ依頼したほうが安くなります。

定款の作成が終わったら株式会社に限り認証手続きをしますが、この際に定款3通と発起人の印鑑証明書、そして認証手数料50,000円が必要になります。
定款の認証が終わったら資本金の払い込みを行い、いよいよ会社設立手続きの最終段階となる登記申請を行います。

登記申請は法務局で行いますが、必要書類も多くなりますので司法書士と一緒に進めて行くのがおすすめです。
司法書士は登記書類の作成はもちろん、登記申請の代行もできますから、もし自分は事業スタートの業務に集中したい、あるいは時間がないという場合には任せたほうがスムーズに手続きができます。