助成金を有効活用しよう - 知らないと損?会社設立に頼れる助成金情報

知らないと損?会社設立に頼れる助成金情報 > 助成金を有効活用しよう

助成金を有効活用しよう

image

神奈川で会社設立を考えている人の中には資金調達で頭を悩ませている人もいると思いますが、そんな人に今おすすめしたいのが助成金という制度です。
今、神奈川だけでなく全国的に企業をサポートするための助成金を出す自治体が増えていて、その制度を企業に利用してもらうことによって地域の経済を活性化させたいという狙いがあります。

地方都市の中には高齢化が進んでしまって経済が衰退気味のところもあったのですが、助成金を出して企業をサポートするようになってから盛り返してきているところもあります。
それでは助成金にはどんな種類があるのでしょうか?

まずもっともよく知られているのがキャリアアップ助成金といって、企業の人材育成をサポートするための助成金があります。
これには「正社員化コース」「人材育成コース」「賃金規定等改定コース」「健康診断制度コース」「賃金規定等共通化コース」「諸手当制度共通化コース」「選択的適用拡大導入時処遇改善コース」「短時間労働者労働時間延長コース」とあって、企業ごとのニーズによって選択肢がありますから、もっとも申請しやすい助成金と言えるでしょう。

人材育成はコストがかかりますし、人件費は企業にとって削るべき対象にもなりやすかったのですが、このような助成金が登場したことによって長い目で人材育成ができるようになりました。
また、自治体が独自に展開している助成金もあって、たとえば企業が銀行から借りたお金の利子を補助する助成金や、創業をサポートするもの、店舗やオフィスの家賃を補助するものなどがあります。

ほかにも大企業や政府系の金融機関、財団などが行っている助成金制度もありますので、実にたくさんの種類があるのです。
会社設立を考えている人の中には助成金の制度自体知らなかったという人もけっこう多く、利用していればもっと楽だったというケースもあります。

助成金を利用するうえでの注意点はまず、助成金は先払いではなくお金を使った後にそれを助成してくれるシステムになっています。
したがってまずは企業側が一旦お金を支払い、その後申請した助成金で支払った分のお金をもらうという流れになります。

さらに助成金を受けるためには条件がありますから、それに合致していないともらえませんし、審査がありますのですべての企業が対象になるわけではありません。
もし助成金制度を利用したいのであれば、まずどんな種類のものがあるのか内容と条件を確認しておきましょう。