助成金について - 知らないと損?会社設立に頼れる助成金情報

助成金について

image

大阪で会社設立している経営者の中には助成金について情報収集している人も多いと思いますが、助成金とはどんなメリットがあり、どんな種類のものがあるのでしょうか?
ここではこれから助成金の申請を考えている人のためにそのあたりの話をしていきますので参考にしてください。

まずはじめに助成金の最大のメリットは返済をしなくても良いという点で、これは銀行からの融資や創業融資などとはまったく異なる部分です。
融資の場合、お金を借りているので最終的に返済しなければなりませんし、返済には金利がつきますからもともと借りたお金よりも多くの金額を返済する必要があります。

ですからきちんと利益が出ればいいのですが、うまくいかなかったときのことを考えるとチャレンジもしにくく、運転資金として使うのが妥当という判断になるケースも少なくありません。
しかし助成金は返済しなくてもいいので申請も気軽にできますし、国や自治体から出ているものなので安心できます。

代表的な助成金にはトライアル雇用助成金(一般トライアルコース)、特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者コース)、キャリアアップ助成金の3種類があって、いずれも大阪で受けることができます。
トライアル雇用助成金はいわゆる試用期間を設けるために準備された助成金で、対象となる求人で採用した人はトライアル期間中は助成金によって1人あたりの支給額が最大5万円(最長3ヵ月)になります。

ただし35歳未満が条件となりますので、採用する人は35歳未満である必要があります。
次に特定求職者雇用開発助成金ですが、こちらは高年齢者や障害者等の就職困難者を雇用することによって支給される助成金で、ハローワークによると「ハローワークまたは民間の職業紹介事業者等の紹介により雇い入れること」「雇用保険一般被保険者として雇い入れ、継続して雇用することが確実であると認められること」の2点が条件になります。

最後にキャリアアップ助成金ですが、こちらは文字通り人材の育成に使われる助成金で「正社員化コース」「人材育成コース」「賃金規定等改定コース」「健康診断制度コース」「賃金規定等共通化コース」「諸手当制度共通化コース」「選択的適用拡大導入時処遇改善コース」「短時間労働者労働時間延長コース」と8つのコースの中から選べるようになっています。
このように助成金にはいろいろな特徴がありますので申請する際にはまずその点を把握しておきましょう。