会社設立での助成金・補助金 - 知らないと損?会社設立に頼れる助成金情報

知らないと損?会社設立に頼れる助成金情報 > 会社設立での助成金・補助金

会社設立での助成金・補助金

image

創業にかかる費用が少し不安な人も多いと思いますが、そんなときに使いたいのが助成金・補助金です。
これらは特定の条件に当てはまる人に支給される返済不能のお金です。
イメージ的には、その条件に当てはまる人を支援するために支給されるお金だと思うとよいでしょう。
会社設立時にも使える条件のものがありますから、これから会社を作ってビジネスを進めていく人はぜひ使い、限られた費用を有効活用してください。

助成金と補助金は似た部分もありますが、まったく違うところもあります。
助成金は各条件に当てはまったら基本的に必ずもらえますが、補助金は抽選があり、それに受かった人だけがもらえるお金です。
もちろん補助金の方にも条件があり、誰でも無条件で応募できるわけではありません。
各補助金の条件を確認し、それに当てはまる人がまず応募でき、その条件に当てはまる応募者の中でさらに抽選が行われ、受かった人がもらえるのが補助金になります。

このように条件に違いがあるため、会社設立の費用を確実に補填してもらいたいと思うなら、使いたいのは助成金の方です。
こちらはその条件に当てはまる人は原則全員にお金が支給されますから、もらえると思っていたお金のあてが外れて、資金繰りが苦しくなったということが起こりにくいのです。

ただ、会社設立のときに直接使いやすいものがあるのは、補助金になります。
こちらには創業促進補助金というものがあり、会社など作って新たに創業する予定の人が応募できる内容になっています。
まさに今、新しい事業を考えている人にとってはぴったりでしょう。
補助される金額も100~200万円と比較的高額なので、少し初期費用のかかる会社設立をしたいときなど、かなり魅力的だと思います。
その代わりに補助金になりますから、応募すれば誰でももらえるとは限らないのです。
会社設立するときに使いやすいなど、多くの人にとって魅力的なものほど応募数も多くなり、抽選に受かる確率も下がりますから、ここは悩みどころになるかもしれません。

受かったときのメリットよりも落ちたときのデメリットを避けたいなら、助成金の方を選ぶとよいでしょう。
こちらなら条件に当てはまり、申請方法が間違っていない限りは原則支給されますので安心です。
その代わりに、会社設立自体に対して支給される助成金が少なく、トライアル雇用助成金のように、会社設立直後に雇う相手を選ぶことで、人件費が支給されるという形になるでしょう。
そこで浮いた人件費を会社設立費用に回す形になりますが、人を雇う予定があれば創業時にも使える有力な助成金になります。