東京の会社設立での助成金 - 知らないと損?会社設立に頼れる助成金情報

知らないと損?会社設立に頼れる助成金情報 > 東京の会社設立での助成金

東京の会社設立での助成金

image

会社を作るときには費用がかかり、これがあるためになかなか会社設立に踏み切れず、困っていませんか?
そんなときに使えるのが助成金です。
東京で会社設立するときもこれを申請することで会社設立にかかった費用の一部を補填してもらえます。
資金面で非常に楽なりますので、使えそうなものがあれば使ってみるとよいでしょう。

東京での会社設立でよく使われているのは、雇用関係の助成金です。
特定の求職者を雇い、その上で一定の条件を満たしたとき、人件費の一部を助成金が補助してくれます。
会社を作ったこと自体と直接の関係はないものの、創業と同時に人を雇うことも多いでしょう。
そのときの人件費を助成金が補ってくれれば、浮いた費用を会社設立費用に回すことで、創業にかかる費用を増やせます。
やや間接的な補助になりますが、東京での会社設立で使える有力な助成金の一つです。

たとえばトライアル雇用助成金があります。
これは35歳未満の求職者で、安定した職業に就けずに困っている労働者をお試しで雇った場合、その人件費を1人あたり月額最大5万円支援するという助成金です。
特別な資格を必要とする難しい仕事ではなく、単純作業やアシスタントのようなスタッフを雇うため、特に求職者に制限をつけないなら、この助成金の対象になる労働者を雇うと、人件費を節約できます。

このように東京での会社設立とあわせて使える雇用関係の助成金がありますから、創業と同時に人を雇う場合は積極的に使い、人件費の負担を軽くするとよいでしょう。
ただ、創業直後はあまり余裕がなく、まだ人を雇う予定はない会社もあるでしょう。
そのようなときは会社設立そのものを補助してくれる助成金を使いたいですよね。
東京でこのような助成金があるかというと、残念ながらあまり見つからないかもしれません。

以前は創業すること自体に対する助成金もありました。
一定期間以上にわたって雇用保険に入っていた人が独立・開業する場合、会社設立にかかった費用を補助するという制度だったのです。
これは一定期間以上、サラリーマンとして勤めていた人が開業するときに使えた助成金で、非常に多くの起業者に使われてきたのですが、現在ではもう廃止されています。
そしてこれに比較的近い助成金といえば、現在は求人の数が少ない一部の地方で創業した場合に使えるものくらいとなっています。
東京は人口過密地帯となり、求人の数も多いため、この地方には含まれません。
東京での会社設立で使える助成金が欲しいときは、創業直後の雇用と絡めたものを使うと、比較的スムーズです。